アメブロ読者登録自動化(いいね、ペタ) 集客ツールの比較とまとめ

http://twitter-king.t8app.com/lp-info

ソフト開発の専門家ロボです。[・_・] 

アメブロはペタはもちろん、読者登録もある程度自動化したいところです。
アメブロのペタ読者登録管理ツールは、ライバルが多くてひとつに絞りにくいですが、徹底的に比較していきましょう。諸々の機能を機能を比較した後、いくつかの考察も交えていきます、そして結論

アメブロ読者登録(半自動化・自動化) Ameba KING/アメーバキングのレビュー

http://cyber-intelligence.jp/amebaking_cart/

アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

アメーバキング(Amebaking)のより実践的なレビューを見たい方はこちらをゞ( ̄ー ̄ )ノ
アメーバキング(Amebaking) のレビュー・特典

主な機能:Webサイトより引用

  • 複数アメブロID管理
  • 属性を絞ったID抽出
  • 自動ペタ
  • →ペタの間隔を変えられるゆらぎ機能がついています
  • 半自動アメンバー申請
  • 全自動アメンバー申請
  • 半自動読者登録
  • 全自動読者登録
  • 読者メンテナンス(一括解除)
  • →Googleのページランクを取得できます。
  • →日記の更新日時で振り分け
  • →片思いの解除
  • 自動メッセージ送信
  • 自動なうフォロー
  • フォロー一括解除
  • 全自動コメント周り機能
  • 除外リスト管理
  • →テキストでIDインポートエクスポート
  • ワンボタン記事バックアップ
  • ビジネステンプレート自動作成
  • マイページの閲覧
  • 記事投稿機能
  • ワンボタン投稿日変更
  • 同時つぶやき(Amebaなう、Twitter、mixi)
  • 抽出IDインポート機能
  • 抽出IDエクスポート機能
  • 相手のブログ表示
  • ソフトウェア自動アップデート機能

AmebaKingはIDの抽出や読者登録をするスピードが圧倒的に早いです。早いというのは重要です。数時間時間が浮けば、元が取れるという考え方もあります。そして、読者メンテナンスが便利です。AmebaKingは、更新していない日記かつページランクを低いサイトを読者解除いけるからです。またアメーバキングが1番売れ筋です。みんなが使っている安心感もあるかもしれません。月額課金は嫌な人は、次のようなアメブロ集客ソフトがあります。

アメージング

キーワード(ブログ記事検索から) ・グルっぽ ・プロフィール(プロフィール検索から) ・ペタをした人・ペタをしてくれた人 ・ブログの読者 ・月間総合ランキング ・デイリー総合ランキング ・ランキングのジャンルごと ・なうのフォローしている人・なうのフォローしてくれている人 ・承認したアメンバー・承認さ

アメーバキングよりちょっと微妙なところもありますが、買取が魅力的です。

詳しくは…
アメージングの特典レビュー いいね、読者登録(自動)のアメブロツールを購入してみました

アメブロ読者登録(半自動化・自動化) PetaWalker/ペタウォーカのレビュー

http://petawalker.winona.jp/top/

PetaWalker/ペタウォーカー 【独自アルゴリズムRMS搭載】多機能型アメブロ管理ツール【PetaWalker/ペタウォーカー】

ペタ、読者登録など
向いている人:月額課金が嫌で、1回払いで済ませたい人
メリット:片思いの解除などの読者登録機能が優れています。
読者登録するさいも、

  • 記事の更新頻度が高いサイト
  • 読者登録したとき、ブログリンクがちゃんと表示されるサイト

を選別してくれます。
デメリット:ちょっと使いにところもあります。慣れですかね。。
より詳しいレビューを見たい方はこちらを
ペタウォーカー(Peta Walker)のレビュー

アメブロ読者登録(半自動化・自動化) SuperAmenboのレビュー

http://superamenbo.poker808.net/

● SuperAmenbo アメブロ最強ツール (オールインワンソフト)
2011年の夏ごろに販売されたソフトです。
月謝払いのソフトが増える中、1回払いという点が特徴的です。
また、ペタのスピードが30秒に1回というサーバーに優しい設計です。
これはメリットにもなりますが、多くのアメブロを運営している人には時間がかかるため弱点になります。
主な機能:ペタ、読者登録、バックアップ、ブログ投稿、アフィリエイトなど
向いている人:月額課金が嫌で、1回払いで済ませたい人
メリット:1回払いでリーズナブル。簡単バックアップ
デメリット:読者登録機能が「Ameba King」や「PetaWalker/ペタウォーカー」と比べると見劣りします。また動作が重ためです。ペタウォーカーのように予約はできません。

バックアップは残念ながら、こちらもMT形式ではありません。ロボ的にはブログ投稿とアフィリエイト機能は使いませんかね。。



結局どれがいいのか?
時間が大事な人は
AmebaKING
複数のブログの運営、かつ1回払いで済ませたい人は
PetaWalker/ペタウォーカー
ただ、ツールはメンテナンスコストがかかりますから、まあ、月額課金もやもえないかもしれません。いつまでも無料で仕事をするのも大変でしょうから。。
ちなみにAmebaKingの読者登録は50件3分という売り文句です(実際はもう少しだけかかるかも。)が、ペタウォーカーの読者登録は、読者を選んで登録するため、50件30分以上はかかります。



RMS機能はよい読者登録をするかわりに時間が膨大にかかるという、諸刃の剣なのです。そして、この設定が勝手にされておりオプションから外せないというオチがゞ( ̄ー ̄ ;;;;)ノ また安定性はアメーバキングです。ペタウォーカーはメッセージ送信機能がありませんね。やはり性能だけで見るとアメーバキングが一番よいかもしれませんね。



あなたはアメブロ生活を満喫するためにどれを選びますか?ゞ( ̄ー ̄ )ノ
ツールは下記のように販売終了する場合があります。ご利用はお早めに。
読者がマックスいれば随分違いますから・・・。

追記:最近、販売を開始されたAmepress(アメプレス)についても、触れておきましょう。

アメブロ読者登録(半自動化・自動化) mepress(アメプレス)のレビュー

http://amepress.net/

アメプレスはWordpressの記事を、アメブロにも掲載できます。 しかし、SEO的には問題ないつくりになっているという不思議なツールです。 それに加え、アメーバキングにあるペタや読者登録、読者登録メンテナンスも可能です。

ただし、アメーバキングと比較すると、コメント、メッセージ送信、テンプレートの自動生成など がありません。アメブロツールとしてはアメーバキングなのかもしれませんが、 Wordpressを運営している方で、アメブロに記事を転用し、アメブロ集客したい方は アメプレスの方がいいかもしれませんね。価格はほぼ一緒といえますから、あなたにあう方を選ぶといいでしょう。ゞ( ̄ー ̄ )ノ

SEOの4大検索順位チェックツールについて吟味したい方はこちらの記事をみてくださいね。
SEO検索順位チェックツール Googleなどの検索順位が丸わかり4大ツール




——————————————————
販売終了したツール
アメブロのツールは販売終了する場合があるので、試したい方は早めに試した方がいいかもしれれませんね。
あめぽん
2012.2ついに販売終了
エボリューション アメブロアクセスアップツールの決定版
主な機能:Webサイトより引用

  • 記事自動投稿、楽天アフィリエイト機能自動挿入機能
  • ペタ機能(複数の条件からペタができる!)
  • →複数のIDを登録されている場合、自動的にIDが切り替わる
  • アメーバーなう、Twitter同時つぶやき機能
  • 半自動アメンバー申請機能
  • 半自動読者登録機能
  • アメーバーなう 自動フォロー機能
  • あめぽんエボリューションその他の機能
  • 特典:コミュニティ

→あと、プロフィールやサーチ検索機能がわりと優秀です。
あめぽんは、特典:コミュニティの提供が利点です。
高機能版 アメブロペタツール AmepetaEX(アメペタEX)
販売終了

庶民は高額な情報商材なんて何もいりませんよ!!
http://regular.affiliate-friends.co.jp/main/ Instagram Follow Adder
かつてTweet AdderというTwitterの最強のツールがあったことはご存知でしょうか?Tweet Adder は実はたった1週間後にはインスタグラムのツールとして蘇っていたのです。まさに不死鳥。 技術者の素早い対応。そして使いやすさ。インスタグラム市場はTwitterよりゆるい市場です。 まずは体験版から利用してみましょう。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>