ペタウォーカー(Peta Walker)のレビュー特典 代替ソフトも検討しましょう

http://twitter-king.t8app.com/lp-info

こちらの記事は古い記事です。ペタウォーカーはほとんどアップデートされていませんから、今はアメージングの方がおすすめですよ。
アメージングの特典レビュー いいね、読者登録(自動)のアメブロツールを購入してみました

以下、旧レビューです。

ペタウォーカー(Peta Walker)のレビュー

ソフト開発者のロボが、ペタウォーカー(Peta Walker)の
レビューをしていきます。ゞ( ̄ー ̄ )ノ

http://petawalker.winona.jp/top/

ペタウォーカーは複数アカウント使えます。
アメブロを複数運営している方は便利ですよ。
また、ペタウォーカーは、ペタ予約と特殊な読者登録があります。
弱点も暴露していきたいと思います。
ペタがつけられるのは

  • コメント
  • ランキング
  • ブログ検索
  • プロフィール検索
  • アメンバー
  • Amabaなう
  • グルッポ

です。

この中で使えるのは、

  • ブログ検索
  • プロフィール検索
  • グルッポ

でしょうか。

ペタのゆらぎ機能がついています。
ペタが終了すると、ちゃんと通知してくれます

また、NGリスト(除外リスト)と優先リストがあります。

ペタは予約できるので、大変便利です。もちろん、ペタを予約しても、ソフトは立ち上げていないといけませんが、ソフトを立ち上げるだけでいいってことですね。弱点は設計的に若干わかりにくいところでしょうか。ただ、わかりやすいマニュアルは付属しています。

あと、ソフト開発のプロ的にみると、ID取得のスピードが遅いですね、また、作業中にPCのメモリやCPUなどのスペック等が貧弱だと、ペタウォーカー(Peta Walker)はアプリが落ちるが可能性がありますね。あと、たまにエラーがでて止まっています。若干、開発の技術不足かもしれません。。。

Tweet AdderというTwitter集客ツールぐらい、技術力があるといいんですけど…。安定性は、アメーバキング(AmebaKing)の方がいいですね。PCの前にいる人はペタウォーカーでもよいかもしれませんが、商売をしている方が、ツールを動しつつ、お客さんの相手をしているとペタウォーカーが止まっていることが多々あるかもしれません。。席をはずす人はアメーバキングの方がいいかもしれません。ロボはツールの安定面でどちらかというとアメーバキングの方がおすすめです。ロボはペタウォーカーからアメーバーキングに乗り換えました。

ただ、ペタウォーカーが落ちても途中から再開してくれるようですから、致命的にはなりませんね。IDは読み込んで使うことをおすすめしますね。ソフトが落ちる可能性があるためです。IDはテキスト形式で読み込んだり書きだしたりすることができます。

読者登録は、RMS機能を搭載してくれています。これは便利ではないでしょうか。

  • 更新頻度が少ないブログは読者登録しません。
  • あなたが読者登録しているが、相手が読者返ししてくれない場合、相手を解除します。
  • 一定の期間更新のないブログは、読者登録を解除します。
  • 削除されたブログを読者登録を解除します。
  • 相手が読者登録をブログに表示していない場合があります。そのような被リンク効果がないブログの読者登録を解除します。

ペタウォーカー(PetaWalker)

あわせてみたいアメブロツール

アメブロのバックアップなら、Amebloget-アメブロゲット-
結構、よくできているツールです。
Amebloget-アメブロゲット-

他のアメブロ読者ツールを比較したい方はこちら

アメブロ読者登録自動化(いいね、ペタ) 集客ツールの比較とまとめ

庶民は高額な情報商材なんて何もいりませんよ!!
http://regular.affiliate-friends.co.jp/main/ Instagram Follow Adder
かつてTweet AdderというTwitterの最強のツールがあったことはご存知でしょうか?Tweet Adder は実はたった1週間後にはインスタグラムのツールとして蘇っていたのです。まさに不死鳥。 技術者の素早い対応。そして使いやすさ。インスタグラム市場はTwitterよりゆるい市場です。 まずは体験版から利用してみましょう。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>