ルレア(LUREA)特典レビュー【ショートレンジ、ミドルレンジ、ロングレンジどれから実践する!?】

http://twitter-king.t8app.com/lp-info

3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA」 ルレア ~強力な10の稼ぐための仕組み×テンプレート~

ルレア(LUREA)

うちはブログ生活できているので、あまり素人ではありません。(^^; そんな人のレビューだと思ってくれれば、いいと思います。 基本物販やアドセンスなので、ルレアも一応遅ればせながら、買ってみました。 特典もすべてオリジナルでそっち系なので、特典の相性もいいかもしれません。

一応、フォーラムどのぐらい情報があるんだろう、と買った程度です。 まあ悪いものではないだろうし、たまにはいいかな。と。 買いたい情報商材も最近あまりでないので。あと、わかっている人はわかっていると思いますが、物販って力ある人はメルマガメインでやっている情報商材の人じゃないんで。。^^;一応補足しておきます。

結論からいうと、ショートとミドルはまあ、小手先のテクニックとして 覚えておいてもいいでしょうし、キーワードの扱い方はまさにそうだと思いますが、 いきなりロングレンジから入った方がいいでしょうね。 まあ、ショートからやりたい人は止めはしませんけど…。

ロングレンジの中で、ちょっとテクとしてショートやミドルを取りこんでみてもいいかなぐらいの扱いですね。 ショートレンジの量産は下手するとゴミサイトの量産に繋がりませんし。ツールなんか使ったらなおさらです。。

それでは、やや辛口かもですが、ショート、ミドル、ロングのレビューに入ります。

ルレアのショートレンジ

「ショートレンジブログ戦略」は流し読みでいいですね。 初心者はもう少しじっくりみてもいいかもだけど。 何度も読んでいる暇があったら、さっさとブログを作っていた方がいいですよ。 書いている内容は、まあそうなんですけど。 作業やっていて疑問に思ったら、ちょっと見直してみるとかならいいですけどね。 僕なんかは情報商材なんか買う前につくって結果もまあまあでていますからね。 行動力は大事ですね。

ショートレンジブログ戦略を見た感想は、 Amazonアフィリもなかなかいいんじゃないのって思えてくる内容ですね。 特に、キーワードはかなり丁寧だったことですね。 キーワードはやはり大事だと思いますよ。

アルファブロガーもみなさんも、キーワードを意識すると、結構、変わってくると思いますね。

こういったAmazonのアフィリはやったことなかったので、個人的にも勉強させてもらった部分ももちろんありました。 ただ、こういったテクはあるということを頭の片隅にいれた上で、 個人的には最初からロングレンジからはじめた方がいいと思いますね。(^^; 実際、ロングレンジのサイトに、テスト的にショートレンズのキーワードで記事を追加したら、結果もでましたよ。ショートレンジのサイトとしては作っていないです。

初心者にもわかりやすく要点は抑えていると思いますよ。

ルレアのミドルレンジ

参考になりそうな口コミサイトが紹介されています。 半分以上知っていたのですが、いくつか知らないところもありましたので、参考にさせてもらいます。

ここでもキーワードや他にも訪問者のリスクを解消してあげようなどが紹介されています。

ショートの延長戦上で攻めるか、Aspアフィリにするか、になっていきますね。

ミドルレンジはちょっと短めです。

ミドルレンジのサイトをうまくリンクさせる方法は、某物販ノウハウでも定番ですね。

ルレアのロングレンジ

「ロングレンジブログ戦略」はマメボーさんみたいなサイトを物販で作れってことでしょ。 一時期、牛肉も複合キーワードにでてきていたし、と買う前から思っていました。 見ればわかるから、買わなくていいいかなと今まで放置してきたのですが、 やっぱちょっと気になって買ってしまったわけですね(^^; 一部、参考にさせてもらったブログの記事もあったので、お礼もかねてみたいところもあります。

これは余談ですが、マメボーさんのサイトが飛んだという事件がありましたね。これ、僕、すぐ気付いて(GRCでとあるキーワードがバッティングしてライバルのチェックとして1キーワードだけ監視していたんですね。。)、ちょっとだけ原因をさぐるべく。情報追ったのですが、個人的には、もろもろ考えると、わかりませんが、手動ペナルティのような気がしますね( ̄∇ ̄;)まあ、教材の中身とは関係ないので、初心者の方は、まったく気にしなくていいと思います。

マメボーさんのサイトの質的(文章の書き方)には、別に問題ないでしょう。 わかりやすいところがいいんですね。それと、復活お祈りしています。 ペナルティが解除されて、戻ってくるときありますしね。わりと戻せるんじゃないかなと思います。

→その後、マメボーさんのサイト戻ってきましたね。さすがです。

ロングレンジでもキーワードが解説されています。そのぐらいキーワードって大事ってことです。そこには同意します。複合キーワードについていろいろと書かれています。aのところはいいですね。 たぶんプログラマーやITに詳しい人は、気付く人も少なくないんでしょうけど、これ気付かない人いるんですよね。 僕は結構前から知っていましたけど…。これは大事だと思います。読めばわかりますよ^^

うちのサイトは売れるジャンルを特典の中でだいたい暴露しているので、ロングレンジから入りやすいですよ。商品名まで書いちゃいましたよ。^^ 一応、ありがたいことに担当者もいくつかのaspにいるので。。a8はブラック。。

トータルとしては初心者用の教材ですね。自信のない初心者が購入するのは、まあありかもしれません。 中級者以上の人は過度な期待をせずに購入することですね。まあ、僕もまだまだなので、勉強になったり知らんかった口コミサイトなどはいくつかありました。

初心者以上の方は、拾える情報がを拾っていく感じになりますから、 やっぱり情報商材って少し高いよね、って気がしますね。ただ、3人で作っていますから、取り分も1/3になることを考えればこのぐらいいいかもね、って教材にはなっています。

それに、購入者としても、まあ、フォーラムもありますので、 継続的に情報を得られることを考えれば、いいかなという気がします。 フォーラムにも、若干、中級者・上級者の方が混じっているかもしれません。

WordPressのテンプレートは使っていなので、よくわかりません。 テンプレート抜きの安価版を作ってくれたら、嬉しかったかも…。 会員ページ内でもっといいテンプレートもクロルセルされています。 あと、会員ページ内「LUREA玉手箱」っていう音声やデザインが1万円ぐらいで売られていましたかね。

アフィリエイト権利は購入すると会員ページよりもらえます。

情報商材のPDFって同人誌みたいなのばっかりという気がしますが、 珍しくデザインも気を使っている感じがしますね。見やすい。

フォーラムはそれなりに…回答があるって感じですかね。 初心者の方は役立つ情報は結構あるかもしれません。上級者の方は、LFM-TV(残念ながら、現在、販売終了)の方がよいでしょうね。

ルレアの実践結果はよくわかりませんね。結果はでると思いますが、僕は今まで情報商材の書かれたとおりに一度も実践したことがないので。 独自にプランニングを立てて、ひねりながらやっていく方が性格にあっているようです。 まあ、一応、横っちょに置いておく参考資料程度の扱いです。。この参考資料が良書の方がいいのは言うまでもありません。それでまあ、ブログ生活できるようになったし、まあいいかなと。

大事なのは自分で考えることですよ。ただ著者が何を意図しているか、くみとることもまた大事ですかね。( ̄∇ ̄)

たぶん初心者の人がみると、丁寧に作られている印象を受けるかもしれませんので、 初心者限定でおすすめできる教材という気がします。キーワードの展開方法や記事の書き方は これ1つで一通りわかりますし、はずしてはいないと思います。説明に無駄がなく、いいことも書いてあります。うちのサイト若干辛口なので、そこは差し引いてもらってもかまいません。

ショートやミドルに書かれていることはもちろんテクニックとして使えますが、 ただ、ショートレンジやミドルレンジに時間をかけず、もしくはいきなりロングから入る方がいいのではというのが 個人的な感想です。

物販アフィリエイトなどの特典がいっぱいつけました。一部書いていないけど、会員制サイトに追加されているものもあります。 すべてオリジナル特典ですよ。

ルレア(LUREA)

最良の選択 すべて独自特典

PS 物販アフィリエイトに興味がある方は、アフィリエイトフレンズももらっておいた方がいいですよ。 したのバナーにあるやつです。無料なので。

庶民は高額な情報商材なんて何もいりませんよ!!
http://regular.affiliate-friends.co.jp/main/ Instagram Follow Adder
かつてTweet AdderというTwitterの最強のツールがあったことはご存知でしょうか?Tweet Adder は実はたった1週間後にはインスタグラムのツールとして蘇っていたのです。まさに不死鳥。 技術者の素早い対応。そして使いやすさ。インスタグラム市場はTwitterよりゆるい市場です。 まずは体験版から利用してみましょう。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>