下克上(下剋上)・GEKOKUJOのレビュー 過去の残骸

http://twitter-king.t8app.com/lp-info

今日もAmazonのレビューアのように冷静なレビューをしていきます。^^

下克上のレビュー評価

http://www.gekokujo.info/

うまい形でトレンド集客をする方法です。

たぶん一般人の人から見ると、ややあやしい情報商材なのですが、実際効果がでてしまうので(^^;、紹介しておきます。 ただし、ある程度、慣れは必要でしょうね。この教材は中身よりも、塾のようにサポートしてくれるところが売りです。中身は正直、物足りない分量でしょうけど、集客の核心をついている方法だとは思いましたね。

長所は短期間に一気に集客できることです。短所は長期間の集客を見込めないことですけど、工夫すればある程度なんとかなります。

トレンドサイトとは、はちま起稿みたいな奴です。

ただ、はちま起稿は評判がよくありませんね。。2chのまとめサイトみたいに人の文章を使うのはやめておきましょう(^^;; これはちょっといんちき臭いですから。 世の中、このような稼ぎ方をしている人もいますから、まあ、まともな記事を書いて収入を得るんだったらいいじゃないですか。 自分の文章であれば、後から何の文句も言われませんから。もちろん、この教材の中でも2chの文章を使ってなんて、一言も解説していません。( ̄∇ ̄)

情報商材業界でとても売れている教材です。この方々がいいのは、わりと弱い立場の人や初心者に優しいところですよね。 だから、ちょっとあやしいけど、あえて紹介してみました。

情報商材はちょっと宣伝臭いので、補正させてもらいます。50万は言いすぎですかね。。これはうまく作りだした最大値でしょう。まあ、平均をいうと数万ブログはわりと軽く作れるでしょう。 その位の気持ちでいた方がいいですね。オリンピックとかイベントがあれば、十万以上いくでしょう。まあ、保証もついているし、頑張れば損はしないということです。そんなレベルなものに興味はない人は軽くスルーしておきましょう。^^

向いている人は、芸能人とか、ニュースとか、スポーツとか、好きなミーハーな人です。特に芸能人とか好きな人ですね。なぜなら、トレンドキーワードって芸能人とニュースネタが多いんですよ。これが大衆の行動ルーチンってことですね(^^; そういったことを把握する意味で、面白かったです。僕はぜんぜん違うんですけど。。。ね。少数派であることは確実ですね。( ̄∇ ̄)

逆にこれらのジャンルに、まったく興味がない人は結構苦痛ですね。ずばりやめておいた方がいいです!

下克上の分析

  • ターゲット:初心者、芸能人好き、ニュース好きな人、ミーハー、旬な映画やドラマが好きな人
  • 価格 ★★ 2/10 高いでしょう(^^;  ただ頑張れば元が取れる商材です。
  • 中身 ★★★★ 4/10 普通

爆発的に集客できるトレンドと競合を回避した戦略は、まあ、うまいなと思いましたね。

この方法は初心者でもできますね。ただ、WordPressでブログを運営している人も、このトレンド集客を取り入れると爆発的に集客できること間違いなしです。ネットショップにアクセスを誘導することもできるでしょう。考えられる人ならいろいろと応用がききます。個人的にはこの応用の実験をするために入手してみました。^^

下克上の追記

ただ、この教材はGoogleの取り締まりの強化につながりましたね。 あまりに内容のない記事を書く情弱層が多いからです。中身のある記事しか通用しなくなりつつありますね。その影響を受けたサイトアフィリエイターもいるかもしれません。中身のある記事でキーワードをトレンドにするならありですけど、中身のない記事はゴミ量産になってしまうので、ダメですね^^;

庶民は高額な情報商材なんて何もいりませんよ!!
http://regular.affiliate-friends.co.jp/main/ Instagram Follow Adder
かつてTweet AdderというTwitterの最強のツールがあったことはご存知でしょうか?Tweet Adder は実はたった1週間後にはインスタグラムのツールとして蘇っていたのです。まさに不死鳥。 技術者の素早い対応。そして使いやすさ。インスタグラム市場はTwitterよりゆるい市場です。 まずは体験版から利用してみましょう。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>